天然薬効成分GN―502を使用してりんごの減農薬栽培
(長野県松本市)
当果樹園は40年続くりんご農家です。今までは農協の指導に沿ってりんごづくりをしてきましたが、徐々に農薬を減らして、いつかは無農薬のりんごをつくることが私達の夢です。
生産者も食べる人も安全で、味も美味しいオリジナルのりんごをつくっていきたい、そう願っています。

GN―502との出会い
松本平のタウン情報にGN―502のことが掲載され、妻の母が教えてくれたのが最初。
代表の横山さんに話を聞きに行く。その後、たまたま道の駅でGN―502を使った無農薬のすいかが売られていて、それを食べてみて、その実のしまった感じと、甘くてみずみずしい味に驚く。それで実際に試してみようと思った。
さらに、横山さんの親せきの方がつくられたというふじりんごをいただいた。農薬は減らしていないようで、GN―502をプラスして使ったそうだが、40年りんごをつくっている母もそのりんごの香りの良さと味の良さにびっくりしていた。
たまたまそのりんごは同じ地域でつくられているものだったので、余計にGN―502の可能性を感じることになった。
それから、両親の了承を得て、三か所ある畑の内、一か所(2.5反歩)でGN―502を使った栽培を試すことになった。

栽培について
粉末で土から元気にして、オイルを農薬と交互にまくことしにした。
○12月(収穫後 雪が降る前)
GN―502粉末を土中に投入。 木の根から1.5m程離れた所に、根の周り6か所にまく。

●4月上旬
@農薬散布

○4下旬
AGN―502オイル(みどり守)散布
1000倍希釈


●5月上旬
B農薬散布

○5月中旬
CGN―502オイル散布 1000倍希釈

●6月上旬
D農薬散布

○6月中旬
EGN−502オイル散布 1000倍希釈

●7月上旬
F農薬散布

○7月中旬
GGN―502オイル散布 1000倍希釈

●8月上旬
H農薬散布

○8月中旬
IGN―502オイル散布 1000倍希釈

●9月上旬
J農薬散布

○9月下旬
KGN−502オイル散布 1000倍希釈

●10月上旬
L農薬散布

○10月中旬
MGN―502オイル散布 1000倍希釈
今までずっと農薬に頼ってきたので、虫がわいたり、病気がでるかと思ったが、1年目だからか(?)今年は全く大丈夫だった。
それどころか農薬をまいていても出ていたあぶら虫が出なかった。
木や葉っぱも元気になっている感じがする。
GN―502の散布とともに、除草剤も止めたのも意味があったのか、土が以前よりふかふかしてきた。
今年の収穫後(12月後半)、来年に向けてGN―502の粉末を土にまいたが、スコップを入れる感覚が去年と全然違う。去年はもっと固かった。
今年は霜の影響か?りんごの側面に大きな割れが沢山出てしまったが、GN―502を使った畑はマシだった。聞いた話だが、大きな横割れは弱い木程出るらしい。やはり木が元気になったのか。


味の変化にも驚いている。
最盛期には、蜜ののりが非常によく、優しい甘さで、沢山食べてもすっきりしている感じがする。
食感は以前より柔らかい感じがするが、従来のやり方でつくったりんごよりぼけにくい感じがする。
両方食べ比べた人の意見を聞くと、やはりGN―502を使って減農薬にした方が人気である。
酸味は従来のやり方の方がきいているか?


来年以降の様子をみていきたい。

実証実験のTOPへ戻る  【GN-502】についてのお問い合せ